更年期障害の原因を調べる|ホルモンバランスを整える治療法

先生

閉経後に注意

カウンセリング

主な女性ホルモンには体を若々しく活性化するエストロゲンと、受精卵の着床を促すプロゲステロンがあります。この二つのホルモンが相互に作用しあっているのが、ホルモンのバランスが取れている状態になります。更年期はこのホルモンのバランスが崩れる閉経前後の時期をさしていっており、いろいろな更年期障害が現れてきます。エストロゲンには脂肪代謝や血管を柔らかくする作用、骨を強くする作用もあるので閉経後は高脂血症、高血圧などのメタボリック症候群や骨粗しょう症が多くなってきます。一方でプロゲステロンが減少すると不正出血や月経の異常、不妊症や流産、早産が起こってきます。更年期障害はこれらのホルモンの減少で起こってきます。

エストロゲンは乳房や、子宮などの細胞分裂を促す作用を持っています。更年期障害で女性ホルモンを投与する治療では、がん細胞を増殖させる危険性もあります。ですから子宮がんや乳がんのリスクを避けるため、大量で長期間にわたる女性ホルモンを投与する治療は行わないことになっています。更年期障害が起こってきたとしても、女性ホルモンが減少した状態に体が慣れてきて不快な症状が消えていけば、更年期は終わったも同然です。エストロゲンはその後も脂肪細胞などで少量作られ続けますので、ゼロになることはありません。それまでいろいろな症状が出てくる更年期障害を、いろいろな対処方法で乗り切っていくことが、非常に大切なことになってきます。