更年期障害の原因を調べる|ホルモンバランスを整える治療法

先生

早めに治療しましょう

男性にもあります

病院

更年期障害とは、ホルモンのバランスが崩れることによって起きる様々な精神的、身体的な不調のことを言います。昔は女性特有の病気であって男性には関係ないと言われてきましたが、近年では男性にも、このような不調が起こることが判明され、女性だけの病気ではないことがわかってきました。男性には、女性独特の閉経を迎えることによる変化がなかったり、個人差がとても大きいのであまり認知されていませんでした。一般的に更年期障害は女性の更年期である40代半ば位だと言われています。女性が閉経を迎える時期が平均して50歳なのでその前後が目安です。この時期も個人差はあります。また、更年期障害の具体的な症状も個人差は大きいです。ではどのような症状があるのでしょうか。

症状は様々です

更年期障害の症状はたくさんあります。顔がほてったり大量の汗をかきやすくなったり、めまいやふらつき、耳鳴りが増えたり、頭痛が慢性的になってきたり眠れなかったり、体がだるかったり人それぞれです。このような症状が出てきて、生活していくのに困難が生じてきた状態を更年期障害と言います。このような症状が出てきて、更年期障害の疑いを持った時は、早めに病院へ行くことが大切です。症状が軽いうちに治療を始めれば、完治するのも比較的早いです。ぎりぎりまで我慢して一人で悩んだりしないように注意しましょう。また、これらの更年期障害は女性なら誰もが乗り越えなければなりません。少しでも楽に乗り越えられるためには、若い時からの良い生活習慣が大切です。