更年期障害の原因を調べる|ホルモンバランスを整える治療法

先生

閉経後に注意

カウンセリング

エストロゲンというホルモンの分泌が少なくなることで、更年期障害が起こってきます。女性ホルモンの投与が有効な手段ですが、このホルモンは細胞が増殖してしまうことがあり、がん細胞も大きくなってしまう危険性があります。

更年期の悩みありませんか

カウンセリング

更年期障害は女性ホルモンの減少により、ほてりや冷え症、多汗などの症状と共に、イライラしたり、不安感が付きまといます。治療には女性ホルモンを補てんしたり、漢方薬で体内環境を整えるとともに心療内科で精神面のサポートも必要になります。

女性ホルモンが減少

更年期障害の症状を和らげるのにオススメの対処方法を試して快適な?日を過ごしませんか?こちらのサイトで紹介していますよ。

卵巣機能が停止するまで

病院

女性は一生卵巣と切っても切れない関係で思春期、妊娠から更年期まですべて卵巣の影響を受けています。一般的に35歳前後が卵巣機能のピークになりますがその時期を過ぎると卵巣の機能の急激な低下、停止により生理機能が劇的に変化します。卵子の卵胞の数が年齢とともに減少していき、この時期に大幅に減少していくために女性ホルモンの分泌も大幅に減少していきますから、最終的な変化として閉経を迎えます。更年期は閉経を挟んで卵巣の機能が成熟期から完全に停止するまでの時期をさしています。更年期は個人差があって一人一人の卵巣の機能状態に直接影響されています。この時期に起こってくる更年期障害も、個人個人でその症状が違ったものになっています。

あまり心配しないこと

更年期障害は個人差がとても大きく、その変調に適応する力も個人でそれぞれ違ってきます。更年期障害はホルモンの不調から引き起こされてきますが、その分泌にかかわっている脳の視床下部は自律神経もコントロールをしていますので、自律神経のバランスも乱れやすくなってしまいます。もともと自律神経が悪い人や、月経不順の人は症状が比較的に軽い更年期障害であっても不規則な日常生活や偏った食事、過労や睡眠不足などがその後の症状に大きく関係してきます。重要なことはあまり極端に心配しないことで、あまり心配しすぎると心理状態や生活にも影響してきて、かえって自分の健康に悪影響を与えることになってしまいます。また加齢による老化の程度や、生活習慣によっても関係してきます。もし症状が辛いのであれば、クリニックを受診しましょう。そこではその人に合った治療を行なってくれます。また症状の重さに応じて薬物療法が行なわれることもあります。相談することで気持ち的にも楽になれるので、早めに受診するようにするといいでしょう。

早めに治療しましょう

病院

更年期障害は男性にもありますが、主に閉経を迎えることによって起こる女性ならではの病気です。症状は様々で、個人差が大きいです。心当たりがあれば、早めに病院を受診しましょう。そして楽に乗り越えるために、若い時から生活習慣を見直しておきましょう。